So-net無料ブログ作成

光空 [空景]




久し振りにカメラを携えて撮影に出掛けました。
「撮影のために」、
本格的な撮影を目的として出かけるのは本当に久しぶりで、
昨年の五月以来ということになります。

行き先は昔撮影のために通った、
自宅から車で十数分の場所で、
神社と寺院がある場所です。
撮影にために出かけるようになってもう三十年ほどになる場所です。
何故そのれまでにしいて足を運ぶのかというと、
その場所の魅力に惹かれていくいうのであれば恰好が良いのですが、
撮影する場所が他になというのが本当の理由です。

それでも、
仕事や日常から切り離された場所で、
自然に触れあい、
神聖な場所の空気を体の奥深くに吸い込み、
暑さ、寒さ、風と光を感じながら歩く時間はとても貴重です。


仕事に追われ続けたこの一年半、
自然を感じ光を見つめることなどなく、
ただ、ただ慌ただしく時が過ぎ去りました。
目の前の仕事以外にも、
身の回りでは様々なことが起こり、
心労が重なり深まりました。
そのような日常にも一人の時間はありますが、
心が解き放たれる一人の時間はありませんでした。

私にとっての心開かれ静まるとき、
それは、
「在り来たりだけれど慣れ親しんだ場所で写真を撮る」
そのような時間なのです。
大きく重なった仕事の山を越え、
再びそのような時間を作り出していきたいと思います。




A 五智 04.JPG
〔01〕












A 五智 02.JPG
〔02〕












A 五智 05.JPG
〔03〕












A 五智 06.JPG
〔04〕












A 五智 11.JPG

〔05〕













A 五智 10.JPG
〔06〕












A 五智 14.JPG
〔07〕












A 五智 13.JPG
〔08〕


 一月十五日(日) 撮影



最初に立ち寄ったのは神社です。
この朝、
神社には既に人がいました。
参拝のために訪れた人、
観光らしき方、
そして、この日おこなわれる「どんど焼き」の準備のために集まった、
町内会の方々。
珍しく少々騒がしい朝の境内でした。
社殿の前は町内会の方々が作業の前の打ち合わせを行っていたので、
参拝をすませ、
しばらく境内に立ち空を眺めました。

折しも東の空には、
上空の強い風に雲が慌ただしく流れ、
その雲間から太陽が時折顔を出していました。
葉を落とした冬の木立の枝の姿を影にして太陽の光が、
また、その太陽の周り雲がその光に浮かび上がります。

しばらくすると地上にも風が吹き出しました。
冬にも葉を落とさない竹の高い枝先が風に揺れます。
さらさらと、
葉の触れ合う音が、
風の中に僅かに聞こえました。













nice!(30)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

蒼景 [冬景]





今回の記事は、
作成途中で下書きのまま更新を忘れていた記事です。
ですから写真も一年前の一月に撮影した写真です。




A 朝景 01.JPG



 (平成三十年)一月十三日(日) 撮影



昨年はたくさん雪が降りました。
この写真を見て何日も何日も雪掻きをしたことを思い出します。


今年は記録的に雪の少ない年になりました。
お陰で雪掻きをする回数が少なく、
しかも、一度に雪を搔く量も少なく、
ずいぶんと楽な冬を過ごしています。


前記事と本記事の写真を撮ったのが一月の初旬から中旬に掛けて、
同じ自宅裏に広がる田んぼを撮影した写真で、
遠景の写真で正確な雪の量まではお分かりにはならないと思いますが、
ずいぶんと景色、印象が違うことはお分かりいただけると思います。


雪が少ない冬の景色は、
どうも冬らしくないと感じてします、
雪に埋もれる雪国での冬の暮らしでは、
雪がない方が楽で、
誰もが皆、
雪が多く降らないことを望んでいますし、
私もそう思います。
ただ、
雪国に生まれ育ち、
冬は雪に埋もれているものと刷り込まれいる私の感性では、
冬に雪景色の美しさを見ることが出来ないことは寂しく感じるのです。


夕暮れのひと時、
蒼く染まる雪の美しさ、
遠くに見える灯火が暖かく煌めきます。
記録的に雪の少ないこの冬、
こうした美しい夕暮れの景色が、
何だか遠く、
懐かしく感じてきます。



    *



昨晩は少しだけ雪が降りました。
新たな
積雪は三、四センチほど。
雪掻きをする必要はない量ですが、
今日は日曜日で雪掻きをする必要はなかったのですが、
最近は健康のため雪掻きをしています。
平日は仕事があるので、
必要に迫られた朝に雪掻きをしますが、
休日には必要に迫られなくても雪掻きをします。
「健康のために」と言うと聞こえはよいのですが、
一年ほど前から活動量計を手首に付け、
日々の歩数と睡眠時間を記録していて、
そのための「歩数稼ぎ」のために体を動かしています。

雪のない時期は散歩に出掛けることが出来ますが、
冬はなかなか散歩に出掛けることが出来ず、
容易に目標歩数に達しません。
ただ、冬はどうしても代謝が悪くなるので、
年末年始休暇のあとに体重も増えてしまったので、
体重を元に戻すため、
エネルギーを消費するためにも除雪をしています。













nice!(22)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

冬空 [窓景]





空景01.JPG
〔01〕













空景02.JPG
〔02〕












空景03.JPG
〔03〕


一月三日(木) 撮影


久し振りに家の裏窓から見る景色の写真を撮影しました。
しばらく本当に余裕がなくて、
空を見上げることもなく過ごしていたので、
こうして景色をのんびりと眺めることが懐かしく感じました。
先の年末年始の休暇は、
会社の定めた休暇通りに休むことが出来ました。
幸い雪も少なく、
家族と一緒に緩やかなに過ごすことが出来ました。












nice!(22)  コメント(5) 
共通テーマ:アート