So-net無料ブログ作成

散歩 [歩景]





A 夕暮 01.JPG
〔01〕












A 夕暮 02.JPG
〔02〕












A 夕暮 03.JPG
〔03〕












A 夕暮 06.JPG
〔04〕












A 夕暮 05.JPG
〔05〕












A 夕暮 10.JPG
〔06〕












A 夕暮 22.JPG
〔07〕












A 夕暮 08.JPG
〔08〕












A 夕暮 12.JPG
〔09〕












A 夕暮 17.JPG
〔10〕












A 夕暮 18.JPG
〔11〕












A 夕暮 21.JPG
〔12〕












A 夕暮 14.JPG
〔13〕












A 夕暮 23.JPG
〔14〕












A 夕暮 20.JPG
〔15〕












A 夕暮 28.JPG
〔16〕












A 夕暮 29.JPG
〔17〕












A 夕暮 30.JPG
〔18〕












A 夕暮 32.JPG
〔19〕












A 夕暮 34.JPG
〔20〕












A 夕暮 36.JPG
〔21〕












A 夕暮 37.JPG
〔22〕












A 夕暮 39.JPG
〔23〕












A 夕暮 38.JPG
〔24〕












A 夕暮 40.JPG
〔25〕












A 夕暮 41.JPG
〔26〕



 一月七日(日) 撮影



新年最初の日曜日。
七日あった年末年始休暇中も、
在宅で途切れ途切れではあったものの、

結局、一日も休むことなく仕事をしました。
年末に母が足の骨を折ってしまい、
その介護もあったため、
遠くに出掛けることも出来ず、
ずっと家の中に居たので、
この日、
夕暮れ迫る頃に一人散歩に出掛けました。

一キロほど歩くと、
よく散歩に出掛ける神社がありました。
境内に足を踏み入れると、
拝殿の中から人の声が聞こえてきます。
その雰囲気を察すると、
氏子が集まって新年会をしているようでした。
参拝をするのが躊躇われましたが、
拝殿に近づくと、
普段は閉じられている神輿殿の扉が開かれていました。
ガラス扉を通さずに神輿を見たことがなかったので、
よい機会だと神輿を見ました。
微弱な光の中で装飾や紙垂が荘厳な輝きを放っていました。
その輝きに心惹かれ、
携えたカメラのISO感度を上げて、
神輿の写真を撮りました。
光は容赦なく減退していきます。
さらに感度を上げます。
画像の発色が次第に滑らかさが失われていきますが、
ぶれるよりはよしとして撮影しました。

その後、歩きが足りないと、
さらに一キロほど歩き、
駅裏の神社を目指して歩きます。
途中ですっかり日が暮れて、
写真を撮ることは諦めました。
辿り着いた神社は、
人影もなく、
初詣で訪れたときは開かれていた拝殿の扉も閉じられ、
ひっそりとしていました。
灯された明かりに少しだけ心に暖かさを頂き、
帰宅の道へと着きました。













nice!(48)  コメント(5) 
共通テーマ:アート

冬景 [歩景]





A 飯散歩 25.JPG
〔01〕












A 飯散歩 02.JPG
〔02〕











A 飯散歩 04.JPG
〔03〕












A 飯散歩 05.JPG
〔04〕












A 飯散歩 08.JPG
〔05〕












A 飯散歩 10.JPG
〔06〕












A 飯散歩 12.JPG
〔07〕












A 飯散歩 13.JPG
〔08〕












A 飯散歩 15.JPG
〔09〕












A 飯散歩 16.JPG
〔10〕












A 飯散歩 17.JPG
〔11〕












A 飯散歩 18.JPG
〔12〕












A 飯散歩 20.JPG
〔13〕












A 飯散歩 21.JPG
〔14〕












A 飯散歩 23.JPG
〔15〕












A 飯散歩 24.JPG
〔16〕




一月七日(日) 撮影




半年振りに写真を撮りに出かけました。
自宅から歩けばいつもの集落に辿り着く場所です。
この集落にここ数年通って写真を撮っています。
何の特徴のない、
至って普通の景色。
写真の被写体としては何もないところですが、
自分の心情で様々な光景を見せてくれます。
生憎の小雨模様で、
傘を差しての撮影でしたが、
久し振りの撮影で、
写真を撮ることができないとしても、
カメラを携え歩くことが楽しく感じる時間でした。


神社の境内に入ると、
外界の音が木立で遮られ、
静かな空間がありました。
その静けさは、
僅かに積もった雪を踏みしめる、
自分が立てる音が憚られるほどの静寂でした。

この静寂の中に身を置き、
現在の心情で光景と向かい合い、
心情を視覚に映します。
カメラのファインダーを覗き、
自分の心情世界を見つめます。
呼吸を整え、
シャッターを切ります。
その一瞬、
シャッターの音が静寂を壊します。
そして写真は記録されます。













nice!(33)  コメント(4) 
共通テーマ:アート