So-net無料ブログ作成

鬱積 [冬景]





昨年の夏から二つ目の大きな仕事を抱え、
その他にも細かな仕事をこなし、
常に頭の中でどれかの仕事のことを考え、
気の休まる時がなくなって早半年を過ぎました。

考えて、
手を動かしても、
中々仕事が片付いていかない。
そのような状況であった為、
年末年始休暇中も、
毎日自宅で何かしらの仕事をしていて、
気持ちが塞がっていた仕事始め前日の夕暮れ近く、
ずっと天気の悪い日が続いた空に、
僅かな晴れ間を見付け、
仕事の手を止め散歩に出掛けました。




A 初撮り 02.JPG
〔01〕


休暇最終日の夕暮れ近く、
僅かな晴れ間を見付け、
散歩に出掛けました。












A 初撮り 01.JPG
〔02〕


その晴れ間はつかの間との予感に、
傘を携えての散歩です。
僅かな青空が失われない内にと、
やや急ぎ足で歩きます。












A 初撮り 03.JPG
〔03〕


写真を始めて数年、
長くても十年位の頃だと思いますが、
冬景色を撮った一枚の写真を切っ掛けに、
一つの印象を心に抱いて写真を撮っています。

この写真もそうした写真。
この日撮った写真で一番好きな写真です。












A 初撮り 04.JPG
〔04〕



予感は的中し、
間もなく雨粒が落ちて来ました。
この日はその予感に、
ビニール傘を携えて来ました。












A 初撮り 05.JPG
〔05〕


ビニール傘の透明な素材を活用しての写真。
昔は良く雨粒の写真を撮りました。












A 初撮り 07.JPG
〔06〕


暗雲の僅かな綻びに、
冬枯れの枝を重ねます。












A 初撮り 09.JPG
〔07〕


雲の流れが早く、
刻々と空の表情は変わります。
黒い雲間に浮かび上がるのは、
青い空の白い雲。












A 初撮り 12.JPG
〔08〕


その空が、
木々の輪郭を描きます。












A 初撮り 13.JPG
〔09〕


冬枯れの木、
命は途切れていないのだろうか。












A 初撮り 15.JPG
〔10〕


減退する光、
背中を押されこの場を離れます。












A 初撮り 16.JPG
〔11〕


少し歩くと、
強い風が吹き始め、
雨は雪へと変わりました。












A 初撮り 17.JPG
〔12〕


程なく黒い池に辿り着きます。
荒天の空と池を囲む木立の影を映した水面、
暗く沈み込んでいます。












A 初撮り 18.JPG
〔13〕


荒れてきました。
池の端に建つ物置小屋の壁に体を寄せて、
傘を吹き飛ばされないようカメラを構え、
池の写真を撮ります。












A 初撮り 22.JPG
〔14〕


容赦なく風雪が、
水面を、
私の体を叩き付けます。












A 初撮り 25.JPG
〔15〕


撮りたいという強い想いがあるわけではないのですが、
何故かこの時、
風雪に負けじと写真を撮りました。
私も何かに心の想いを叩き付けていたような気がします。












A 初撮り 29.JPG
〔16〕


池の水鳥に強さを感じました。
彼らはじっとしているわけでは無く、
風雪の中、
悠然と泳いでいました。












A 初撮り 30.JPG
〔17〕


傘を差して、
しばらくこうした池の水面を、
そして、鴨たちの戯れを眺めていました。












A 初撮り 34.JPG
〔18〕



体が冷えていきますが、
何となく、

訳もなく、
鴨の写真をたくさん撮りました。












A 初撮り 37.JPG
〔19〕


絵画的に撮影出来ればとの想いはありましたが、
持ち合わせたカメラはコンパクトカメラで、
しかも、
池の写真を撮り始めたときの風雪で、
レンズが濡れてしまい、
更に寒さで手が震えてしまい、
思うような写真を撮る事が出来ませんでした。












A 初撮り 43.JPG
〔20〕


上手く写真を撮る事が出来ない言い訳を考えていると、
風雪が止んできたので、
この池を立ち去りました。












A 初撮り 44.JPG
〔21〕


ここ数年通い続けている集落の、
いつもの道筋を辿り一回りして、
家路に着きました。












A 初撮り 46.JPG
〔22〕


正月休みはずっと天気が悪かったのですが、
幸い降雪は少なく、
比較的足元は良い正月でした。












A 初撮り 49.JPG
〔23〕


休みの間、
晴れたとしても、
年末に母が足を骨折し、
介護をしなければならなかったので、
いずれにせよ出掛けることが出来ず、
また、抱えている仕事をこなすため、
休みの間も毎日自宅で仕事をしていたので、
天候や積雪のことは私に取っては関係の無いことでした。












A 初撮り 48.JPG
〔24〕


日暮れ間近、
空に再び僅かな青空と、
仄かな明るみが広がりました。












A 初撮り 50.JPG
〔25〕


鬱積を晴らすための夕暮れ散歩、
捗らない仕事を放りだし、
休暇最後に意を決して出掛けて見ましたが、
その心模様を映したような空を眺め、
一層心は沈み込みました。



 一月四日(木) 撮影



この後、
緩やかな大雪となりました。
「緩やかな」というのは、
長続きしない降雪で、
累計の降雪量は多くなったものの、
積もっては融ける、
その繰り返しで、
除雪体制の整った当地では、
大きな交通傷害などもほとんど無く、
それほど大きく困るということのない冬でした。


この記事を書き始めたのが約二ヶ月前、
大きな仕事を三つ抱え、
その他にも小さな仕事をいくつかこなしていましたが、
三つ目の仕事のプロジェクトか先週始まり、
更に忙しさが増しまた。
あと一週間ほどで一つの仕事が終わりますが、
二つ目の仕事が佳境を迎えるので、
仕事量は実質減ることがなく、
精神的には今よりきつくなるでしょう。


無事のこの状況を乗り切ることが出来るかどうか、
過去に経験したことのない多忙、
年齢的にも若いときのよりも体力が落ちていて、
体調の悪さも持ち合わせているため、
何とか体を壊さないで乗り切りたいと思っています。













nice!(43)  コメント(5) 
共通テーマ:アート

nice! 43

コメント 5

JUNKO

わずかな雲から漏れる幽かな光をとらえた写真の数々。他の人にはない感性です。個人的には16番の写真が好きです。雨とか雪とかは私も大好きな被写体です。府メタいものを温かく表現したいのが私の願っていることです。
by JUNKO (2018-03-11 19:14) 

そらへい

有り余る自由時間の中に自由は無く
わずかの隙間を捉えた時間にこそ、
豊潤な自由が宿るのだと思います。
枝葉を落として、空に細いシルエットを突き上げた
た冬枯れの木々
今年はなぜかそんな姿に愛おしさを感じました。
by そらへい (2018-03-11 19:28) 

engrid

11の水面のさざなみの影と狭間の僅かな輝き、魅せられます
静かに浮かぶかもの姿に、他の物を寄せつかない雰囲気を感じています
by engrid (2018-03-13 00:38) 

kohtyan

透明な雨傘の水滴と、背景の風景を試し撮りをしましたが、
水滴に風景が映っていると面白いですね。
by kohtyan (2018-03-16 15:38) 

lamer

お久しぶりです。
感動は言葉に変えられません。
なまじコメントしては感じたものが消えてしまいます。

銀座は変わっていたでしょう。
変わっていないのは銀座ライオンくらいだったのでは・・・
あっ四丁目の和光は昔のママですね。
by lamer (2018-04-04 19:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント