So-net無料ブログ作成
検索選択

雪肌 [冬景]





ゴールデンウイークも終わり、
季節は既に春から初夏を思わせる色合いと気温になりました。
日曜日の今日も空は五月晴れ、
自宅裏の田んぼも田植えで田植機の音でにぎやかです。
今朝は青空の下、
二時間ほど撮影散歩に出掛けてきましたが、
空気が爽やかで気持ちの良い散歩となりました。

今日の記事の写真は、
一旦没にした写真を取りだしました。
予定していた写真は枚数が多く、
記事に仕立てる時間が足りず、
簡単な写真で間に合わせます。

撮影したのは一月中旬、
空は晴れ渡り、
降り積もった雪も白く、
前夜までの風に吹きさらされ様々な模様が出来ていました。
そんな雪景色を自宅の周りで撮影したものです。

四ヶ月後の初夏には、
何だか懐かしく目に映る雪景色です。
私のブログは季節外れの写真ですが、





A 雪景色 01.JPG
〔01〕












A 雪景色 02.JPG
〔02〕












A 雪景色 03.JPG
〔03〕












A 雪景色 04.JPG
〔04〕












A 雪景色 05.JPG
〔05〕












A 雪景色 06.JPG
〔06〕












A 雪景色 09.JPG
〔07〕












A 雪景色 10.JPG
〔08〕












A 雪景色 08.JPG
〔09〕












A 雪景色 07.JPG
〔10〕


一月十五日(日) 撮影


昨日は夕方に、
築百三十年を迎える古い映画館へ出掛け、
「ロイヤル・コンセルトヘボウ・オーケストラがやってくる」という映画を観てきました。
(私としては「ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団」という呼び方がしっくりするので、
この題名には少し違和感を感じています。記事を書き終えて今しがた、
ネットの公式サイトのタイトルを見て分かったのですが、
『「ロイヤル・コンセルトヘボウ」オーケストラがやってくる』が正解なのでしょう)
同オーケストラが演奏旅行で世界を巡り、
各国で演奏するその曲と団員の関わり、
その国の人との境遇と音楽との関わりを描くもので、
クラシック音楽好きにはとても楽しみ、
かつ、音楽の持つ力の強さと儚さを感じる映画でした。
生の演奏ではありませんが、
オーケストラの演奏シーンを大きな画面で観て、
自宅では不可能な大きな音で音楽をたっぷりと聞くことが出来、
有意義な時間を過ごすことが出来ました。
残念なのは、
映画の終わりの曲が、
想い入れのあるマーラーの交響曲第二番「復活」でしたが、
他の曲とは違い音の響きが好みとは違ったこと。
少々残念な幕引きでしたが、
映画の内容と音楽の余韻は心地よく、
薄明りの残る初夏の夕暮れを歩いて帰りました。
映画を観た後に目にする日常の風景は、
いつも見る景色と違って見えるのが不思議でした。
この日は映画の後に居酒屋で一杯呑んで帰る目論見があったので、
カメラを持ってこなかったのを悔やみました。
上質のクラシック音楽を聞いた後に日本の居酒屋は似合わないと、
寄り道することなくおとなしく帰宅しました。

昨年末に同じ音楽映画の「パコデルシア」を観ての、
高校卒業後の約四十年で観た映画は五本ほどでしょうか、
普段映画を観ることの無い私としては、
短い周期でのこの映画館の再訪は珍事であります。
築百三十年の映画館なので、
音響等の設備は良くなく、
スクリーンも暗く、
決して映画を観る環境は良くありませんが、
掛かる映画は映画好きのための作品を厳選しての上映、
経営的には決して楽ではなく、
観る客には存続させるための想いが籠っている、
そんな映画館は場内スピーカもなく、
支配人が音響を使わず大きな声で、
映画の題名と始まりを告げます。
こうした言わば時代遅れの映画館、
私自身も歳を取ってその味わいが分かるようになり、
愛おしく感じるのであります。













nice!(33)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

晦日 [冬景]





平成二十五年、
大晦日の朝に撮った写真です。
撮影した日から一年五か月の日々が過ぎてしまいました。

四つ前の記事で、明けた元日の写真を記事にしましたが、
他にも埋もれていた写真がありました。
もしかすると他にも記事にし損なった写真があるかもしれません。
写真を保管しているハードディスクの容量が無くなってきたのを機に、
これまで漠然と保管してきた写真を、
これまでとは違った仕分け方で保管しようと思い立ったのが昨年の末、
幾つかのハードディスクに散らばっていた写真などのとりまとめ、
その仕事は捗らず、
それでもこの年末はたくさんの写真を撮っていたので、
そちらの写真整理も進みません。
週に一度、日曜日のブログ記事更新を欠かすと、
どんどん写真が溜まってしまいます。
そのような事情で、
今回はまた、撮影日が遡った写真記事です。




F 朝景 01.JPG
〔01〕


大晦日、
朝目を覚ますと空は晴れていたので、
撮影散歩に出掛けることにしました。
自宅前に停めてある車には霜が降りていました。
色温度の関係で青みが掛かった色合いが、
この日の寒さを表しています。
この冬も年末には積雪がありませんでした。
大晦日、元日と、
仕事も一段落していたので、
たくさん写真を撮ったことは良く覚えています。












F 朝景 02.JPG
〔02〕


霜の少し青みが掛かった白色と、
背景の黒いとの対比に心惹かれます。












F 朝景 03.JPG
〔03〕


黒い霜。
雪と同じく暗い色合いが好きです。












F 朝景 05.JPG
〔04〕


ガラスに張り付く霜はさらに冷たく感じます。












F 朝景 06.JPG
〔05〕


フロントガラスは霜というより、
氷に近いく一層冷やかです。














F 朝景 07.JPG
〔06〕


弱い朝陽の、
薄い紅色に染まり始めました。
散歩に出掛けます。












F 朝景 09.JPG
〔07〕


当てのない散歩です。
自宅裏の田んぼ道を歩きます。
北東の空には朝焼けの名残がありました。












F 朝景 10.JPG
〔08〕


南東の空には、
雲と青空が混じり合っています。
雲の色も黒色や白色が混ざり合っています。












F 朝景 12.JPG
〔09〕


僅かに湧いている雲、
広い空の一部を切り取ります。












F 朝景 14.JPG
〔10〕


柔らかさを感じる朝の空でした。












F 朝景 16.JPG
〔11〕


しばらく空を眺めていると、
太陽の光が強まってきました。
光りの変化を眺めるのが好きで、
止めどなく写真を撮ります。












F 朝景 18.JPG
〔12〕


光り輝く雲を主役に立てます。
いつもの写真の撮り方です。












F 朝景 20.JPG
〔13〕


光りの量を調整しながら、
何枚も写真を撮り、
自分の好みの光を探ります。













F 朝景 23.JPG
〔14〕


周辺の脇役たちの表情と、
主役の光の加減が難しいので、
同じカットでも露出を変え何枚も摂ります。













F 朝景 25.JPG
〔15〕


光りの具合が良くなってきました。
更なる変化を心待ちにします。












F 朝景 28.JPG
〔16〕


張りつめた心を、
少し休ませるための一枚。












F 朝景 30.JPG
〔17〕


空の変化を少し待ちます。
そろそろ太陽が顔を出すでしょうか。












F 朝景 32.JPG
〔18〕


雲と光が織りなす光景。
良い光と出会うことが出来ました。












F 朝景 35.JPG
〔19〕


雲の隙間を抜ける光、
その光にまた浮かび上がる雲も在り、
眺めていて飽きることがありません。












F 朝景 37.JPG
〔20〕


更に光を切り詰めて。
雲の輪郭を浮かび上がらせます。












F 朝景 40.JPG
〔21〕


実際の空はこのように暗くはありません。
撮影上の技術で思うように光を調節します。












F 朝景 42.JPG
〔22〕


空を眺めては、
様々な表情を見付けては楽しみます。
その空を、
自分の好きなように、
カメラを操作して撮り続けます。
そうした自分の空を蒐集して、
神社仏閣などの写真と共に、
時々振り返り写真を眺めています。












F 朝景 45.JPG
〔23〕


更なる変化を期待して待ちましたが、
太陽と雲は上手く噛み合わず、
このカットで撮影を終わりにしました。

空の写真を撮る事に夢中で、
歩いた距離は僅かで、
健康的な散歩にはなりませんでした。












F 朝景 48.JPG
〔24〕


帰宅すると、
車の上の霜は太陽の光を受けて輝いていました。
出発前に見た時とは違い、
その光の色合いに温かみを感じます。












F 朝景 49.JPG
〔25〕


引き締まった黒色に、
白や黄色に輝き出す霜。












F 朝景 52.JPG
〔26〕


良き散歩の締めに、
良い光景に出合うことが出来ました。
ブログの記事としても、
最初と最後に、
同じ被写体で組み立てることが出来ました。




 平成二十七年 十二月三十一日(木)撮影













nice!(32)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

神火 [冬景]





一月十五日、日曜日、
私が住む町内の「賽の神」がありました。
当日は湿った雪混じりの強い風が吹き付ける生憎の天気で、
起床した時は中止かと思っていたが、
朝八時頃に開催するとの広報車が回ってきました。
半信半疑で開始時刻が近付くに出掛ける支度をしました。

乾いた雪ならばまだしも、
湿った雪は濡れると外套が防水仕様出なければ、
付着した雪は溶けてやがて浸みてくるので、
この日はフード付きの防水仕様のジャケットを着て、
更に傘をさして出掛けました。

カメラは一眼を持って行く事を諦めました。
念のため防水仕様のデジカメを持って行きました。
折角カメラを持って来たのだからと写真を撮りました。
写真を撮ると行っても、
右手は御神酒の入った紙コップとスルメ昆布を握りしめ、
左手で傘をさしているので、
雪が弱まるのを見計らって左手の傘を閉じ、
足元の雪に差してポケットのデジカメを取り出し片手で写真を撮るのですから、
少々面倒です。
それどもそれほど大きくはないコンデジですから、
片手で操作をして写真を撮る事ができます。
ファインダーのないデジカメ、
撮影する度にモニターに写る画像を必然みることになります。
そこには様々な形の火が浮かび上がります、
その形に見せられたくさんの写真を撮りました。

賽の神を撮るというのではなく、
ただ単に火を撮りました。
撮影している内に火に魅せられました。
この撮影を切っ掛けに何か新たな展開を見いだせることでしょうか。
僅かな期待を持って撮影しました。




F 賽の神 02.JPG
〔01〕












F 賽の神 03.JPG
〔02〕














F 賽の神 04.JPG
〔03〕












F 賽の神 05.JPG
〔04〕












F 賽の神 06.JPG
〔05〕












F 賽の神 07.JPG
〔06〕












F 賽の神 08.JPG
〔07〕












F 賽の神 09.JPG
〔08〕












F 賽の神 10.JPG
〔09〕












F 賽の神 11.JPG
〔10〕












F 賽の神 13.JPG
〔11〕












F 賽の神 14.JPG
〔12〕












F 賽の神 15.JPG
〔13〕












F 賽の神 16.JPG
〔14〕












F 賽の神 17.JPG
〔15〕












F 賽の神 18.JPG
〔16〕












F 賽の神 19.JPG
〔17〕












F 賽の神 20.JPG
〔18〕












F 賽の神 21.JPG
〔19〕












F 賽の神 23.JPG
〔20〕











F 賽の神 25.JPG
〔21〕












F 賽の神 27.JPG
〔22〕












F 賽の神 28.JPG
〔23〕











F 賽の神 29.JPG
〔24〕












F 賽の神 30.JPG
〔25〕












F 賽の神 31.JPG
〔26〕











F 賽の神 32.JPG
〔27〕











F 賽の神 33.JPG
〔28〕












F 賽の神 34.JPG
〔29〕











F 賽の神 35.JPG
〔30〕


一月十五日(日) 撮影



本記事とは全く関係なく、
皆様方にお願いがあります。
実は三月の末に、
大阪に行こうかと考えています。
大阪には未だに行った事のないので、
娘も就学まえで運賃が掛からない最後の春休み、
私も仕事に余裕が有り休暇を取ることができるので、
少し遠くへ行ってみようかと考えています。
けれども大阪の事を何もしらないのです。
ガイドブックやネットで多くの情報を得ることはできるのですが、
それらとは違った情報を得たいと思います。
漠然としたお願いで申し訳ありませんが、
二泊三日の滞在で家内と六歳の娘が一緒で、
三人とも大阪は初めてです。
大阪のお決まりの食もできるだけたくさん食したいと思います。
大阪にお住まいの方、
大阪に詳しい方、
大阪に行った事のある方、
お勧めの場所などありましたら、
アドバイスをお願いいたします。
厚かましいお願いで申し訳ありませんが、
よろしくお願いします。












nice!(35)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

元日 [冬景]





新春、
初撮りです。
雪国新潟は、
雪の無い正月を迎えました。
自宅裏の田畑にも雪は皆無です。

朝方は雨が降っていましたが、
次第に天気も回復し、
昼近くになって陽が差すようになりました。

青空に誘われ、
新年最初の散歩に出掛けました。




A 初春 01.JPG
〔01〕












A 初春 02.JPG
〔02〕












A 初春 03.JPG
〔03〕












A 初春 04.JPG
〔04〕












A 初春 05.JPG
〔05〕












A 初春 06.JPG
〔06〕












A 初春 11.JPG
〔07〕












A 初春 07.JPG
〔08〕












A 初春 08.JPG
〔09〕












A 初春 09.JPG
〔10〕












A 初春 10.JPG
〔11〕



一月一日(日) 撮影



天気が良かったので、
もう少し歩きたかったので、
小さな同行者は直ぐに飽きてしまい、
早々に帰宅を促されました。











nice!(30)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

近況 [冬景]





AAA冬景01.JPG
〔01〕












AAA冬景02.JPG
〔02〕












AAA冬景03.JPG
〔03〕



もう桜の咲く四月。
すっかり春らしくなったのですが、
何故だか、
ここしばらく何をする気にもならず、
撮った写真でブログの記事など仕立てようかと思っても、
筆が遅々として進みません。


仕事から帰り、
風呂に入って晩酌。
その後はすぐに寝床に潜り込む、
このような日々がずっと続いています。


随分ブログ記事の更新も滞りましたので、
一旦締めたと思った冬の写真を掘り起こして、
とりあえず生存確認という事で記事を起こしました。


その気になり、
文章が整ったなら、
ブログ記事を更新します。
いつのことになるかわかりませんが。












nice!(37)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

去冬 [冬景]





AA冬景01.JPG
〔01〕












AA冬景02.JPG
〔02〕












AA冬景04.JPG
〔03〕


十二月二十八日(土) 撮影












AA冬景05.JPG
〔04〕












AA冬景06.JPG
〔05〕












AA冬景07.JPG
〔06〕












AA冬景08.JPG
〔07〕












AA冬景09.JPG
〔08〕












AA冬景10.JPG
〔09〕












AA冬景11.JPG
〔10〕












AA冬景12.JPG
〔11〕


十二月二十九日(日) 撮影












AA冬景13.JPG
〔12〕












AA冬景15.JPG
〔13〕












AA冬景16.JPG
〔14〕












AA冬景17.JPG
〔15〕












AA冬景18.JPG
〔16〕












AA冬景19.JPG
〔17〕












AA冬景20.JPG
〔18〕












AA冬景21.JPG
〔19〕












AA冬景22.JPG
〔20〕


十二月三十一日(火) 撮影












A冬空01.JPG
〔21〕












A冬空05.JPG
〔22〕












A冬空13.JPG
〔23〕












A冬空14.JPG
〔24〕












A冬空15.JPG
〔25〕












A冬空21.JPG
〔26〕












A冬空22.JPG
〔27〕












A冬空17.JPG
〔28〕












A冬空18.JPG
〔29〕













A冬空20.JPG
〔30〕












A冬空19.JPG
〔31〕


一月二日(木) 撮影












AA雑記03.JPG
〔32〕












AA雑記04.JPG
〔33〕












AA雑記02.JPG
〔34〕


一月十二日(日) 撮影












AA雑記05.JPG
〔34〕












AA雑記06.JPG
〔35〕












AA雑記07.JPG
〔36〕


一月十三日(月) 撮影












AA雑記08.JPG
〔37〕












AA雑記09.JPG
〔38〕












AA雑記10.JPG
〔39〕












AA雑記11.JPG
〔40〕


一月十九日(日) 撮影



この冬に撮った写真のうち、
ブログ記事に使わなかった写真をまとめました。
「まとめた」と言っても、
四十枚の写真を撮影日順にただ並べただけのものです。


私の一番好きな季節は冬、
今日並べた雪景色などは、
今年の冬までは目にすることが出来ません。

春は嬉しさよりも、
寂しさばかり、
過ぎ去る冬が愛おしい季節です。











nice!(46)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

海原 [冬景]





A雪面02.JPG
〔01〕












A雪面05.JPG
〔02〕













A雪面11.JPG
〔03〕












A雪面09.JPG
〔04〕












A雪面07.JPG
〔05〕












A雪面06.JPG
〔06〕












A雪面12.JPG
〔07〕


一月二十七日(月) 撮影



前記事の立ち寄り温泉から帰ってきて、
夕暮れ前に撮った写真です。

「海原」と題しましたが、
お気付きの通り、
その海の実態は「雪面」でした。



〔07〕は、
種明かしの写真です。
撮影場所は自宅前の空き地、
そこに積もった雪の表面を撮りました。












nice!(40)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

冬景 [冬景]





A桑取01.JPG
〔01〕












A桑取02.JPG
〔02〕












A桑取04.JPG
〔03〕












A桑取05.JPG
〔04〕












A桑取06.JPG
〔05〕












A桑取08.JPG
〔06〕












A桑取09.JPG
〔07〕












A桑取13.JPG
〔08〕













A桑取11.JPG
〔09〕












A桑取17.JPG
〔10〕












A桑取12.JPG
〔11〕














A桑取19.JPG
〔12〕












A桑取16.JPG
〔13〕









A桑取20.JPG
〔14〕













A桑取26.JPG
〔15〕












A桑取24.JPG
〔16〕










A桑取28.JPG
〔17〕












A桑取29.JPG
〔18〕












A桑取30.JPG
〔19〕















A桑取33.JPG
〔20〕












A桑取34.JPG
〔21〕












A桑取35.JPG
〔22〕












A桑取36.JPG
〔23〕












A桑取37.JPG
〔24〕












A桑取38.JPG
〔25〕












A桑取40.JPG
〔26〕



一月二十七日(月) 撮影



一月の終わりの月曜日、
休暇を取り近場の日帰り温泉に行きました。

とても天気の良い日で、
ゆっくりと湯を浴び、
併設された食堂で昼飯を食べた後、
温泉施設の周りを散歩しながら写真を撮りました。











nice!(41)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

雪面 [冬景]



B池ノ平05.JPG
〔01〕












B池ノ平01.JPG
〔02〕












B池ノ平02.JPG
〔03〕













B池ノ平04.JPG
〔04〕



一月十二日(土) 撮影










nice!(45)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

離別 [冬景]





A公園24.JPG
〔01〕












A公園26.JPG
〔02〕












A公園25.JPG
〔03〕












A公園27.JPG
〔04〕












A公園28.JPG
〔05〕



三月二十四日(土) 撮影



昨年の十月から半年間写真を撮り続けてきたこの場所、
この写真を撮影した日が通う最後の日となりました。
秋から冬、そして春へと季節の移ろいを眺めては楽しむ事ができました。

ブログ記事として撮影した写真にはほとんど人工物が写っていませんが、
実は公園内の建物、照明柱や電線などがあり、
それらを排して写真を撮る事に苦労しました。
同じような画角の写真が多かったのはそれが原因でもあります。

ただ、制約された画角の中に、
天候や時間に変化する細やかな表情を見出すことが出来ました。
定点観察的な写真を撮り続けることで、
極私的な一冊の記録写真集を作ることができました。











nice!(39)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート