So-net無料ブログ作成

夕暮 [空景]





生憎の天候の中行われた賽の神、
天気が良くなかったので、
火が衰えを見せた頃、
早々に会場を後にしました。
けれども真っ直ぐに帰宅せず、
ちょっと寄り道をして飲み足しました。
しばらく飲んでいましたが、
窓の外も薄暗くなってきたので、
重い腰を上げ家路に着きました。
雪も止み雲の切れ間から僅かですが青空も顔を出していました。
夕暮れの青色が澄み、深くなる時間帯、
自宅へのわずかな道すがら、
思うままに写真を撮りました。




A 夕暮れ 01.JPG
〔01〕












A 夕暮れ 02.JPG
〔02〕












A 夕暮れ 03.JPG
〔03〕












A 夕暮れ 05.JPG
〔04〕












A 夕暮れ 09.JPG
〔05〕












A 夕暮れ 08.JPG
〔06〕












A 夕暮れ 15.JPG
〔07〕












A 夕暮れ 10.JPG
〔08〕












A 夕暮れ 11.JPG
〔09〕












A 夕暮れ 14.JPG
〔10〕












A 夕暮れ 16.JPG
〔11〕












A 夕暮れ 18.JPG
〔12〕












A 夕暮れ 21.JPG
〔13〕












A 夕暮れ 22.JPG
〔14〕












A 夕暮れ 20.JPG
〔15〕












A 夕暮れ 25.JPG
〔16〕












A 夕暮れ 24.JPG
〔17〕












A 夕暮れ 27.JPG
〔18〕












A 夕暮れ 29.JPG
〔19〕












A 夕暮れ 30.JPG
〔20〕












A 夕暮れ 31.JPG
〔21〕



一月十五日(日) 撮影



自宅までは約三百メートル程でしょうか、
空の具合が良かったので、
四か所ほどで足を止めては写真を撮りました。
団地の道が途切れる、
西の空を眺めることが出来る場所では、
刻々と空が表情を変わっていくので、
特にたくさんの写真を撮りました。
手は歳の神で頂いた餅と傘でふさがっちて、
写真を撮るには邪魔なので、
傘を雪に刺して写真を撮りました。
同行していた家人は待ちきれず帰ってしまった後も、
一人立ちつくし写真を撮りました。











nice!(31)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート