So-net無料ブログ作成
検索選択

朝社 [社景]




今年の夏は仕事に追われ、
仕事以外には何も考える事が出来す、
また、何をすこともなく、
慌ただしく通り過ぎていきました。

夏の前半は猛暑が続き、
異常とも言える猛暑が一夏続いたらどうなるかと心配しましたが、
盆前にその暑さも和らぎ安堵しましたが、
多忙な仕事は八月いっぱい、
二ヶ月ほど続きました。

そのような忙しい仕事も落ち着いた九月、
中旬になってようやく自由な時間を持つ事が出来るようになりました。
三ヶ月振りとなる連休の朝、
近所の神社へ、
久し振りにカメラを携え写真を撮りに出掛けました。
出掛けた先は自宅から距離にして四キロほどの春日山へ行きました。

いつもなら、春日山神社へと続く坂道を、
アクセルを踏んで駆け上って行くのですが、
この日は少し考えがり、
その坂道を歩いて登る事にしました。

春日山城跡のある山の麓には、
延命水が湧き出ていて、
その水を汲む場所があります。
そこには駐車場もあるので、
そこに車を停めて歩き出しました。

延命水を汲みに来ている人を、
春日山を訪れる度によく目にしていましたが、
自分ではその水を飲んだり汲んだりしたことがありません。
その水を汲むすぐ脇には、
その湧き水が溜まっているのでしょうか、
池と呼ぶほどではありませんが、
水が堰き止められ溜まっている場所がありました。

その水面を覗き込んでいると、
雨粒が落ちて来ました。
先ほどから少し気に掛かっていた僅かな雨雲が、
いつの間にか頭上にありました。
水面に映り込む明るい空と木々の影との対比、
そこに雨粒の波紋。
草の緑色がそこ縁取る様を、
この撮影の最初の一枚として写しました。

実は、駐車場に車を止めたときに、
この池の先に、
朱色の鳥居が見え、
その場所が気に掛かっていました。
ただ、少し荒れていて、
人が立ち入るのを拒んでいるように感じられ、
また、入り口にはロープが張ってあったので躊躇したのですが、
朝日が差し込み光の具合が良かったので、
張られたロープの端の脇からその場所へ入り込みました。




A春日山02.JPG
〔01〕


延命水が湧き出る山の麓。
その水の溜まる小さな池に朝陽が映ります。












A春日山01.JPG
〔02〕


空の明るさとは裏腹に、
その水面に雨粒が落ちてきました。













A春日山05.JPG
〔03〕


人が立ち入るのを拒むような暗く少し荒れた場所に立ち、
この先へ行くかどうか躊躇する。












A春日山06.JPG
〔04〕


朝陽が差し込み、
陰影濃いその場所に心惹かれ足を踏み入れます。












A春日山07.JPG
〔05〕


紙垂から空気が滞留し、
その空気の湿り気を感じます。












A春日山09.JPG
〔06〕


鳥居、注連縄、紙垂。
光と影。












A春日山12.JPG
〔07〕


紙垂が浮き立つ光景は、
神社において目を惹きます。












A春日山10.JPG
〔08〕


「白山社」、
光を受けて鳥居の額も浮かび上がります。












A春日山11.JPG
〔09〕


鳥居の割れ目に光が差し込みます。











A春日山08.JPG
〔10〕


石に苔結す、
その長い時間。












A春日山14.JPG
〔11〕


鳥居から差す朝陽の神々しさ。
清々しさ。












A春日山15.JPG
〔12〕


足元の草葉にも雨粒が落ちていました。












A春日山16.JPG
〔13〕


地を這う鳥居の影。
光軸と鳥居の配置。











A春日山17.JPG
〔14〕


我が影を地に落として。












A春日山21.JPG
〔15〕


反りの美。
こうした意匠を生み出した昔の人達の、
感性、感覚を感じ取ります。












A春日山20.JPG
〔16〕


鳥居に注連縄。
石という物の硬さと、
注連縄を結ぶ心の堅さを感じます。












A春日山18.JPG
〔17〕


なんと言うこともない景色も光があれば、
鳥居の様々な姿を写し撮ることができます。












A春日山19.JPG
〔18〕


苔の列に光が当たり浮き立ちます。












A春日山22.JPG
〔19〕


数は少ないものの、
鳥居の重なりに魅せられます。












A春日山23.JPG
〔20〕


朱塗りの鳥居が浮かび上がります。
背景に石の鳥居も浮かび上がります。












A春日山30.JPG
〔21〕


遠巻きに見る石の鳥居。
重々しく、
威厳のある姿に見えました。












A春日山24.JPG
〔22〕


神域を離れ再び湧き水の池に、
再び雨粒が落ちてきました。












A春日山25.JPG
〔23〕


雨が気になりますが、
池の水面の気になります。












A春日山26.JPG
〔24〕


水面の映り込みと草の影。
そこに差し込む光の粒。












A春日山27.JPG
〔25〕


草の影だけではなく、
周囲の木々の影も取り込みました。












A春日山29.JPG
〔26〕


映り込みの具合を少しずつ変えて、
たくさんの写真を撮りました。



九月十四日 (土) 撮影



此所は、
鳥居がいくつか建っていましたが、
行き着いた先には小さな祠があるだけで、
境内を仕切る塀などもなく、
木立と藪の中に埋もれている場所でした。

春日山へはもう何度も訪れていて、
特に、ここ数年は春日山神社へと、
年に何度も通った撮影の行き帰りに、
この脇を通っていたのですが、
この場所の存在に気付きませんでした。
この場所が特に気に入った訳でもなく、
再び撮影の為に出掛けるどうか分かりませんが、
これからはここを通るときには、
気に掛けて光の具合を確認する場所にはなると思います。



    *



写真を撮る目的で出掛け、
写真を撮ることが、
本当に久し振りで、
約四ヶ月振りのことでした。
写真を撮る感覚をすっかり忘れてしまい、
カメラの操作など戸惑う場面もありました。
結果、この日は思い通りに写真を撮る事が出来ませんでしたが、
それでも気に入った写真を数枚撮ることが出来ました。
少々自分の写真に対する考えもありますが、
何はともあれ、
写真は続けて行きたいと思います。








nice!(50)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

壁影 [雑景]





A sora 09.JPG



十月三十日(木) 撮影












nice!(42)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

散歩 [旅景]





 「品川神社 富士塚」





A 品川神社01.JPG
〔01〕


「一合目」


品川神社の道階段途中を、
左手にコンモリとした岩山がありまして、
その気配が気になり左を見てみますと、
のような「登山道」という石があります。
その先には緩やかに登っていく坂と階段が見え、
「一合目」という石標が建っています。












A 品川神社02.JPG
〔02〕


「二合目」


僅か数歩歩けば「二合目」、
冷ややかなステンレス製の扉に守られた石像が出迎えてくれます。












A 品川神社03.JPG
〔03〕


「三合目」


草に埋もれた石標。
見落とすような事はないのですが、
道から少しだけ入り込んだ所にありました。












A 品川神社04.JPG
〔04〕


「四合目」


階段が少し急になった「四合目」、
立ち止まり文字を刻まれた石を眺める。
道の先を見上げても、
まだ頂上は見えず。












A 品川神社05.JPG
〔05〕


「五合目」


苦も無く半分。
頭上を覆う茂みも減り、
広がりのある空間になる。












A 品川神社06.JPG
〔06〕


「六合目」


「五合目」から道を右手後ろへと切り返し、
更に先を目指す。
階段は更に急になり、
いよいよ登山らしくなってくる。












A 品川神社07.JPG
〔07〕


「七合目」


小さな文字がたくさん刻まれた大きな石に出会う。
その石を見上げると空の広が広がり高所にいることを実感する。













A 品川神社08.JPG
〔08〕


「八合目」


此所で振り返り下を見下ろす。
登山道は日陰なので、
その景色の明るさが目に染みる。












A 品川神社09.JPG
〔09〕


「九合目」


もう一頑張り。
最後の曲がり角に「九合目」の石標。












A 品川神社10.JPG
〔10〕


「頂上」


本物の富士山を登る苦労とは比べものにはならない労力で頂上へ辿り着く。
けれども頂上に着く達成感を得て、
最後の写真を撮ろうと思うが、
すでに客がいて、
何やらビデオ撮影をしている。
撮影が終わるのをしばらく待つが、
一向に終わる気配がないばかりか、
他人への配慮もなく延々とやっている。
残念だが山頂の写真撮影は諦める。












A 品川神社11.JPG
〔11〕


江戸時代に此所に登った人達はどのような景色を見ていたのであろうか。
この方向には間近まで海が迫っていただろうか。
海とは反対の方向には富士山を見る事が出来たのであろうか。
撮影隊に憤慨しながら遠くの時代の景色を思い浮かべていました。

また私は今日、
思い付きの散歩途中にこの富士塚を気軽に登っているが、
江戸時代に本当の富士山に登ることが出来なかった人達が、
祈りや想いを遂げていた場所であることを思うと、
我が動機も軽薄ですから、
一枚の写真を撮る事が出来ないだけで、
他者を責めることはできません。










A 品川神社12.JPG
〔12〕


京浜急行の赤い電車を待って撮影し、
下山しました。



九月二十一日’(日) 撮影



品川神社を訪れるのは三度目となりました。
勿論、この富士塚に登るのも三度目です。
今回はブログ記事用に石標を撮りながら登りました。
山頂で最後の写真を撮る事が出来なかった事は、
締めがなく残念でしたが、
自分にとっても良い記念写真を撮る事ができたので満足しています。










nice!(44)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

散歩 [旅景]





A 青物横丁14.JPG
〔01〕


前記事の「海運寺」のほぼ隣にある「品川寺」、
漢字でこう書いて「ほんせんじ」と読むが、
開山史でも読まない限りまず正しく読むことができません。












A 青物横丁23.JPG
〔02〕


守護神「弁天堂」、
この小さな御堂、
凝った造りで好きな御堂です。












A 青物横丁25.JPG
〔03〕


鉄製の窓枠に古いガラス。
滑らかではないそのガラスに写る光や景色は見ていて飽きることがありません。












A 青物横丁22.JPG
〔04〕


この凝った窓の意匠が好きです。
そして、南に面さないこの窓から差し込む光に照らされ、
浮かび上がる壁面の様を眺めるのが好きです。












A 青物横丁20.JPG
〔05〕


華美ではありませんが、
こうした造り、空間が好きです。、












A 青物横丁24.JPG
〔06〕


御堂の裏手に回ると廃棄される人形ケースがありました。
その色合いに惹かれます。












A 青物横丁27.JPG
〔07〕


なんてことの無い景色ですが、
このような景色を時々写しては満足しています。



 *



時間を気にしつつ、
品川寺を後にして先を急ぎます。
スマホで地図を見て、
旧東海道から少し外れて歩いて見る事にしました。













A 青物横丁32.JPG
〔08〕


辿り着いたのは「真了寺」、
旧東海道から少し入り込んだ所で思い掛けず
何せこの山門と呼ぶのかどうか分かりませんが、
この意匠に驚かされました。












A 青物横丁28.JPG
〔09〕


驚きながらこの場面を写真に撮ろうと格闘しますが、
何をどう撮っても上手く納まらない。
此所では完全に私の負けでした。












A 青物横丁30.JPG
〔10〕


後ろに引く事が出来ないので、
どうしても煽って撮るしかない。
光の具合も良くないので、
私の腕ではどうしようもありません。












A 青物横丁29.JPG
〔11〕


古く、佇まいのある場所ではないのですが、
この現代的な寺院も一つの今の仏教の姿、
古い物も新しい物も含めて神社仏閣は好きです。











A 青物横丁33.JPG
〔12〕


境内の中に入る事は憚られるのですが、
次回訪れたときにもう一度写真に撮りたい場所でした。
僅かながらアイディアはあります。











A 青物横丁34.JPG
〔13〕


一つ品川寄りの新馬場駅を目指して歩きます。
ひしめいて立ち並ぶ住宅地のこのような場所に公衆電話がありました。
今の時代に使う人がいるのかどうか、
そして、何よりも目障りではないのかと、
要らぬ心配をするのでありました。













A 青物横丁35.JPG
〔14〕


誘われるように寺院の境内へ入り込んでは、
色鮮やかな花などを眺めては歩きます。












A 青物横丁41.JPG
〔15〕


そろそろ陽も傾き掛け、
寺院の塀に木々の影を落とします。
その影に寄り添い記念写真を一枚。












A 青物横丁43.JPG
〔16〕


川に出て橋を渡ります。
流れの緩い水面に太陽の輝きが写ります。
光も少し鈍いので陰影が浅く、
思うような写真を撮る事が出来ないので先を急ぎます。












A 青物横丁45.JPG
〔17〕


橋を渡ると神社がありました。
塀の格子に光が当たっていました。
光の具合が良くなって来たので、
少し写真を撮ろうかと思いましたが、
熱心に参拝している人がいたので写真を撮るのを控えました。












A 青物横丁47.JPG
〔18〕


新馬場駅が近くなりました。
にぎやかな通り沿いの小さな寺の門前に咲く彼岸花、
今年撮影した唯一の彼岸花でした。



九月二十一日(日) 撮影



青物横丁から新馬場まで歩きました。
もう少し散歩は続きます。











nice!(41)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート