So-net無料ブログ作成
検索選択

夏空 [空景]





A 苗名滝04.JPG
〔01〕












A 苗名滝07.JPG
〔02〕












A 苗名滝10.JPG
〔03〕












A 苗名滝12.JPG
〔04〕












A 苗名滝15.JPG
〔05〕



八月二十日(水) 撮影



この夏に撮った唯一の夏空。











nice!(40)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

夕暮 [空景]





A 六月の空13.JPG
〔01〕












A 六月の空12.JPG
〔02〕












A 六月の空25.JPG
〔03〕












A 六月の空18.JPG
〔04〕












A 六月の空17.JPG
〔05〕












A 六月の空20.JPG
〔06〕












A 六月の空21.JPG
〔07〕












A 六月の空16.JPG
〔08〕












A 六月の空22.JPG
〔09〕












A 六月の空24.JPG
〔10〕












A 六月の空23.JPG
〔11〕












A 六月の空26.JPG
〔12〕












A 六月の空28.JPG
〔13〕












A 六月の空27.JPG
〔14〕












A 六月の空29.JPG
〔15〕



六月五日(木) 撮影



夕暮れは気まぐれ。
その空を見る者の心情などとは関係なしに暮れて行きます。

また夕空は、
私の想いなどとは関係なしに、
美しい表情に染まって行きます。

そのような空を眺めては、
何かを感じ取ろうと思うのですが、
何も感じ取ることも無いまま、
あっという間に日は暮れて行きます。



    *



九月も中旬を過ぎたのに、
まだ六月の写真です。

先週末は久し振りに二連休を取得しました。
連休は約三ヶ月振りの事で、
これまた久し振りに日曜の朝に、
神社へ撮影に出掛けました。
すっかり写真を撮る行為の感覚を失っていまして、
思うように写真を撮る事が出来ませんでしたが、
私的な時間に浸り、
いつもの自分を少しだけ取り戻すことが出来ました。
今週末は一月遅れの盆休みを取得しました。
夏休みに帰省する事が出来なかったので、
妻の実家、東京に行きます。
一日くらいはどこかへ写真を撮りに行きたいと思う反面、
どこかへ行こうという気力がないのが正直なところ、
肉体的な疲労は回復しているのですが、
心的な疲労が癒えていないのでしょうか。
何だか自分が楽しむ事すら、
考える気が起こりません。













nice!(51)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

近況 [空景]





A 六月の空01.JPG
〔01〕












A 六月の空02.JPG
〔02〕












A 六月の空03.JPG
〔03〕












A 六月の空05.JPG
〔04〕












A 六月の空07.JPG
〔05〕



六月二日(月) 撮影


既にこの写真を撮った時の事は忘れてしまったけれど、
きっと撮影時間からすると、
夕食後のひととき、
空の美しさに魅せられ自宅の窓から撮ったものだと思われます。

私の家からは幸いにしてこうして空を広く眺める事が出来ます。
季節によって夕食時の空の明るさは違いますが、
その季節毎の空を眺めて夕食を摂ることは、
平凡な生活の中でも一種の安らぎを感じます。

さて、この夏のことですが、
七月末から咳が出て止まりません。
医者に行きたかったのですが、
仕事が忙しく医者に行く暇もありませんでした。
二ヶ月近く経過した現在も咳と痰が納まりません。
風邪などを引いてひとたび咳が出始めると、
長引く質で咳には慣れている方ですが、
流石にこの夏の咳と痰には悩まされました。
ようやく九月一日に脳外科の診察に行き、
ついでに咳止めと痰を切る薬を処方して貰い、
程度は良くなっているものの、
二週間近く経っても完治していません。

更に、この夏の疲れがなかなか癒えません。
咳と痰の処方に、
疲労回復の漢方薬を処方され、
少し体が楽になりましたが、
今でも疲労感が残っています。
幸いお盆過ぎは真夏にしては気温も穏やかだったこと、
そして、九月に入ってからはすっかり涼しくなってくれたので、
睡眠の質は良くなり、
時間も確保出来ているのですが、
何せ疲労が抜けきらず、
仕事から帰ってきても何もする気にならず、
余暇を楽しく過ごすための思考も働きません。
しばらくは何もせずに過ごしたいと思います。












nice!(44)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

酒蔵 [旅景]





 「酒飲み列車の旅日記」




A Shu Kura 01.JPG
〔01〕


六月の初旬、
ちょっとした旅の始まりであります。

とある企画列車に乗車するため、
最寄りの駅脇の踏切を渡る時、
あこがれの国鉄色列車が停車していました。
この列車に乗るのではありませんが、
一瞬、この列車に乗って旅に出ても良いと思いました。












A Shu Kura 02.JPG
〔02〕


高田駅発、十日町行きの企画列車、
「越乃Shu*kura」に乗ります。
「Shu*kura」、
「シュクラ」と読みますが、
漢字で書くと「酒蔵」になると勝手に思い込みブログのタイトルにしました。












A Shu Kura 03.JPG
〔03〕


座席は1号車と3号車しかありません。
1号車は「びゅうぷらざ」で発売される、
弁当などがセットになった高価なチケットを購入しないと乗車できません。
3号車は乗車券と指定券を購入すれば乗車することができます。

この日、私は3号車に乗車しました。
三号車のシートは新たに設えたリクライニングシートで、
飲食用に前の座席に折りたたみの大きめのテーブル、
そして肘掛けの先端にも折りたたみの小さなカップホルダがあります。
また、なによりもグリーン車並のゆとりのあるシートピッチで、
快適な旅の設えであります。

越乃Shu*kura専用の駅銘板の他、
車両内や停車駅にも細やかな演出が施されていました。












A Shu Kura 05.JPG
〔04〕


最初の停車駅「直江津」にて。

この列車は古い車両を改造したものですが、
ヘッドライトのLEDなど、
新しい技術も取り入れられていました。
飯山線のような非電化区間を走行できるよう、
気動車であります。












A Shu Kura 04.JPG
〔05〕


駅の方が見送りして下さいました。
JR東日本、新潟支社の力の入れようが伝わります。
特別な列車で旅をしているという、
旅人の気分を盛り上げてくれます。













A Shu Kura 06.JPG
〔06〕


列車の紹介はこれまでとして、
いよいよ酒の話題に

「越乃Shu*kura」は、
米どころ新潟の日本酒を楽しむ目的の列車ですが、
列車旅にはやはり缶ビールということで、
先ずは新潟限定発売のサッポロビール「風味爽快ニシテ」を頂きました。












A Shu Kura 55.JPG
〔07〕


ビールのつまみにはかまぼこ。
何故このかまぼこを買ったのか、
その理由は確か、
地元の素材が練り込まれていたから。
三ヶ月も前のことでその素材が何だったのか全く覚えていません。
おまけに写真をみても手がかりが写っていないのでお手上げです。

ちなみに、
足を組んで座っても、
つま先の前にはまだ十分余裕があります。
これだけシートピッチが広いと言うことで、
知らない人と座り合わせて窓側の席への出入りなども、
これなら容易に通ることができます。
そこまで考えてのシートピッチかどうか分かりませんが、
ただ、折角大きな窓とシートの配置が揃っていないので、
席によっては窓枠が景色を見るときに邪魔になるのが残念です。












A Shu Kura 51.JPG
〔08〕


さて、いよいよ日本酒を頂きます。
「越乃Shu*kura」内で日本酒の試飲チケットが販売されています。。
飲み比べクーポンとして10枚で千円。
一緒についてくる猪口は残念ながらプラスチック製ですが、












A Shu Kura 50.JPG
〔09〕


小さな猪口で、
多くても10杯しか飲むことが出来ないので、
損得勘定をしたら決して安いもではありませんが、
5種類の日本酒を楽しむ事ができるので迷うことなく購入しました。
こうした企画には上手く乗せられた楽しんだ方が良いものです。












A Shu Kura 17.JPG
〔10〕


2号車には売店がありまして、
日本酒を始め弁当やつまみなどが売っています。
生ビールなどもありまして、
我慢しきれず終点近くで生ビールを一杯飲んでしましました。












A Shu Kura 18.jpg
〔11〕


新潟県内蔵本の酒五種類が用意されていて、
その酒は運行日によって変わるので、
乗る度に違う酒を飲むことが出来ます。









A Shu Kura 19.jpg
〔12〕


列車の名を呈した大吟醸「越乃Shu*kura」も販売されています。
大吟醸ということでそれなりに値段も高く、
この酒には手が出ませんでした。












A Shu Kura 54.JPG
〔13〕


さて、それでは日本酒を一杯。
先ずはクーポン1枚で「きりんざんブラック」を頂きました。
つまみは合鴨のロースを買いました。












A Shu Kura 52.JPG
〔14〕


クーポンを一枚、二枚と渡して酒を呑みます。
次なるつまみは元高田の名物「するてん」。
一夜干しするめを天ぷらにしたもの。
珍しいものではないのですが買ってしまいました。












A Shu Kura 07.JPG
〔15〕


良く揺れる運転台だと思いました。
この日は何故か運転席とその隣の席に4人も乗り込んでいました。
気動車が珍しい土地、
非番の職員が気動車の運転を楽しんでいるようにも見えました。












A Shu Kura 08.JPG
〔16〕


運転手は真っ直ぐに目を見据え運転します。
暫しその運転の様子を、
それこそ少年が見るように、
私も見つめていました。












A Shu Kura 11.jpg
〔17〕


列車は青海川駅に到着しました。
ここ青海川駅は、
日本一海に近い駅で、
そのホームから見る日本海に沈む夕陽は日本一きれいだと言われていますが、
この日、始めてその駅に降り立つことが出来ました。












A Shu Kura 09.JPG
〔18〕


そのホームからは何も遮る物が無く日本海を望むことができます。
この日幸運にも、
凪いだ海原の向こうに佐渡を見る事ができました。












A Shu Kura 10.JPG
〔19〕


天の川横たう佐渡を背景に、
モーターボートのような船が凪いだ海を疾走して行きました、












A Shu Kura 16.jpg
〔20〕


列車は快調に走ります。
気動車のエンジン音は、
スピードに合わせて様々な音を奏でます。
杯を片手に、
その音を聞きながら旅をするのは実に楽しいものです。












A Shu Kura 12.jpg
〔21〕


2号車では途中、ジャズの演奏があります。
そう言えば新潟市はジャズに力を入れていたような。
お決まりの「A列車でいこう」など演奏されると、
昔ジャズを聴いていた私の旅は、
酒と相まって一層楽しくなるのでありました。












A Shu Kura 14.JPG
〔22〕


トンネルに入るり、
車窓が一転暗くなると、
照明も一段と煌びやかになり、
洒落た証明の車内は、
酒とジャズが一層似合う空間になります。












A Shu Kura 15.jpg
〔23〕

乗車した皆さん、
思い思いに酒と列車旅を楽しんでいます。












A Shu Kura 20.jpg
〔24〕


青海川を出て米山から鯨波を過ぎると海の景色ともお別れ。
しばらく走ると、
2号車で蔵本提供の試飲会が始まりました。
この日は長岡市の吉乃川酒造さんが乗り込んでいて、
4種類ほどの日本酒を無料で試飲の振る舞いをして頂きました。
勿論私も用意された全ての酒を試飲させて頂きました。
意外にも、一番敬遠していた柚子の日本酒が美味いと思いました。











A Shu Kura 21.jpg
〔25〕


列車は長岡から群馬県との県境方向へと、
進行方向を逆にして上越線を走ります。
しばらく走ると信濃川が大きく蛇行する越後川口に着きます。
そこからは飯山線を辿り、
列車は終点の十日町を目指してひた走ります。












A Shu Kura 22.jpg
〔26〕


心地よく酔いが回ってきました。
酔いに任せて意味もなく、
流れゆく車窓の写真を撮りました。












A Shu Kura 23.jpg
〔27〕


時々このような風景にも出会いました。
線路わきの墓地に、
遺骨を埋めてもらうのも良いかと思う列車旅です。












A Shu Kura 24.jpg
〔28〕


三年に一度開催される「越後妻利・大地の芸術祭」、
二年前に開催されたときの作品が、
飯山線の越後川口から十日町に向かう途中、
下条という小さな無人駅のすぐ側に建っていました。
この茅葺きの屋根、
茅は渦巻き状に葺かれていて、
下から上まで一筆で辿る事ができます。
二年前の夏、
私はこの作品を車に乗って見に行っていましたし、
この作品を作ったグループとも少しだけ仕事で関係していたので、
この日列車の車窓から眺めるの楽しみにしていました。












A Shu Kura 29.jpg
〔29〕


昼過ぎに終点の十日町駅に到着しました。
列車が停車する駅にはこのShu*kuraの駅銘板があり、
ここ十日町駅でもこの看板が出迎えてくれました。












A Shu Kura 25.jpg
〔30〕


楽しい列車旅でした。
ただ、酒を飲むことに気を取られ、
車窓を楽しむ事が出来なかったのが残念でした。
機会があればまた乗車したい列車です。












A Shu Kura 26.jpg
〔31〕


十日町駅前にて。
昭和の雰囲気が漂う駅前商店。
歳を取ってからは、
こうした何気ない店先の風情が好きになりました。

さて、それほど空腹を覚えていたわけではありませんが、
せっかく訪れた旅先の地という事で、
昼飯を食べるべく店を探しに駅前通りを歩きだしました。












A Shu Kura 27.jpg
〔32〕


駅からほど近い蕎麦屋で蕎麦を食べました。
十日町では蕎麦のつなぎに「布海苔」を使った「へぎ蕎麦」が有名ですが、
この店の蕎麦はへぎ蕎麦ではありませんでした。
この土地では昔、
薬味の「わさび」が手に入らず、
「からし」を薬味にして蕎麦を食べたと、
以前この地の蕎麦屋で聞きました。
一度へぎ蕎麦を和辛子で食べてみたいと思いを、
この日叶える事は出来ませんでした。












A Shu Kura 28.jpg
〔33〕


駅に戻ると雨が落ちてきました。

大人の楽しみのための旅に同行してくれた小さな旅人も、
この日列車旅を楽しんでくれました。












A Shu Kura 30.JPG
〔34〕

何やら急に天気が悪くなってきました。

空の色と屋根の色が同化してしまいそうな景色、
酔っ払いの旅でも自分らしい風景を見つけて写真を撮るのが好きです。












A Shu Kura 31.JPG
〔35〕


十日町からは北越急行で直江津に向かいます。
その帰りの列車を待つ間、
高架ホームから眺める十日町の駅前通り。
雨天に建物の色も沈み込み、
彩度の落ちた風景に心も沈み込みます。












A Shu Kura 32.JPG
〔36〕


雨の中、
直江津行きの列車がやってきました。
帰りは各駅停車の列車でのんびりと帰ります。












A Shu Kura 36.JPG
〔37〕


乗り込んだ列車が緩やかにホームを離れました。
窓の外に目をやると、
先ほどホームから見た駅前通りが僅かに見えました。












A Shu Kura 35.JPG
〔38〕


「さようなら、十日町」、
来年の夏にはまた芸術祭に来ます。
また夏の妻有を車で駆け巡りアート作品を見て回ります。

きっと、その前にへぎ蕎麦を食べるためにやって来ると思いますが。












A Shu Kura 37.JPG
〔39〕

十日町で列車に乗り込んで、
数分で深い睡眠に落ちていました。
目が覚めたらもう終点の直江津駅のす近くでした。
十日町で降っていた雨も上がっていて、
午後の陽差しは寝起きの目に眩しく、
少々疲労を覚えていました。
その疲れは旅の疲れと言うより、
飲み疲れ、
つまり飲み過ぎでした。
良く言いますが、
本当に昼酒は効きました。












A Shu Kura 38.JPG
〔40〕

数日後の晩酌、
「越乃Shu*kura」で試飲させて頂いた吉乃川酒造さんの純米酒を頂きました。
純米酒を選んだのは、
ただ単に地元のゆるキャラ「レルヒさん」のイラストがラベルに描かれていたから。
実は、我が家の食堂の掃き出し窓から、
「越乃Shu*kura」が走行するのを見る事ができます。
時折その列車を見ながら、
また、この酒を飲みながら、
この日の鉄道旅を思い出すのでありました。



六月八日(日) 撮影 
 
※最後の写真を除く














nice!(42)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート