So-net無料ブログ作成

落雪 [冬景]





公園09.JPG
〔01〕


朝方天気の良い日で、
この年最後の出勤日でした。
いつも通り仕事場に着いた私は、
手前の景色など写真に撮り始めました。
東の空の明るいところを望遠で切り取ろうとカメラを向けると、
自分の居る所は雪が降っていないのに、
少し離れた空には雪が降っているのを撮った写真で気付きました。












公園12.JPG
〔02〕


自分と空の間のどの辺りで雪が降っているのか分かりません。
オートフォーカスのカメラでは雪にピントを合わせることも困難です。
マニュアルフォーカスに設定している間にも空がどんどん変化していきます。
カメラの操作ももどかしく、
ピントを気にせずとりあえずシャッターを押していきます。












公園13.JPG
〔03〕


降っているのは雪でしょうか。
その落ちる早さから霰のようにも見えます。
よく見ると暗い空の部分にも雪を見ることが出来ます。












公園15.JPG
〔04〕


あっという間に太陽は厚い雲に覆われていきます。
次第に雪の降る様を明るい空を背景に見ることは出来なくなりました。
その後まもなく、私の居る場所にも雪が降り始めました。



十二月二十八日(水) 撮影



長年雪国に住み、
長いこと写真を撮りながら、
降り積もった雪の写真を撮ることはあっても、
空を舞う雪を撮るということがあまりありませんでした。
降る雪を撮ることは、
技術的にも難しのですが、
雪の降る中をカメラを持ち出すのが嫌だとか、
雪の降る様をきれいに撮ることが出来る場面に居合わさないなど、
様々な条件が揃わないという言い訳がましい理由の元、
何よりもそうした言い訳を長いことしていた故に、
そう自分の頭に刷り込まれていて、
雪を目にしても心が動かないという現象を引き起こしていたような気がします。
昨年の秋以降、
この場所での定点観察的な撮影で、
普段動かない心に少し刺激を与えられた気がします。
うまく撮ることは出来ませんでしたが、
こうして雪の降る様を写真に撮ることも出来ました。
約半年間、この場所で得た写真は、
その出来栄え以上に朝のわずかな時間の中で、
自然の様々な表情を見ること出来たことが幸せで収穫でした。
既に今はもうその場所に毎朝立つことが出来ないのですから、
この半年間目にした風景は本当に貴重なものであります。










nice!(39)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

冬来 [冬景]




公園08.JPG



十二月二十四日(土) 撮影



ついに雪が降りました。
朝起きたら辺り一面銀世界と
景色は劇的に変化を遂げていました。
五十年雪国に住み続け、
見慣れた景色ではありますが、
冬の初めにこうした銀世界を見るにつけ、
やはり心は躍ります。

日本は式がはっきりとした国ですが、
雪国では冬にこの白色を纏う景色があるからこそ、
一層その四季感が深まります。

気象記録としては初雪では無いのかもしれませんが、
この雪が本格的な積雪となりました。
私に取ってはこの雪が大切な記録、
本格的な冬の季節の到来です。











nice!(35)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

枯渇 [朝景]





公園朝景04.JPG
〔01〕












公園朝景03.JPG
〔02〕












公園朝景06.JPG
〔03〕












公園朝景09.JPG
〔04〕












公園朝景10.JPG
〔05〕












公園朝景12.JPG
〔06〕












公園朝景14.JPG
〔07〕



十二月十五日(木) 撮影



写真を整理していましたら、
前記事の一週間前に撮った写真が出てきました。
順序が入れ替わりますが、
この場所での記録、
またしても同じような写真ですが記事として更新します。

仕事場での撮影、
これまでコンパクトカメラで撮影してきましたが、
一眼レフ用の望遠ズームを手に入れたこともあり、
とうとう一眼レフを携えて仕事場に行きました。
機材が変わりまたが被写体は変わらず、
相変わらず同じような写真を撮る事となりました。

毎日目にしている景色、
写真を撮る発想は枯渇してしまいました。











nice!(31)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

凍朝 [朝景]





公園03.JPG
〔01〕












公園04.JPG
〔02〕












公園05.JPG
〔03〕












公園06.JPG
〔04〕












公園07.JPG
〔05〕



十二月二十二日(木) 撮影



十二月も終わりに近づけば、
朝の冷え込みは厳しくなります。
カメラを持つ手も凍えますが、
天気の良い日はこうした朝陽の熱を感じ取りながら写真を撮りました。



    *



今日の写真はほぼ同じような写真を五枚並べました。
微妙に構図と露出を変えて撮った写真、
今見返してみますと反省する所もあり、
これらの写真には自分に対するメモ書きの意味があります。



    *



実はこのシリーズで撮っている木はそのほとんどが桜の木です。
ようやく当地も桜がほぼ満開となりました。
既に私はこの撮影場所には仕事場を置いて居ませんので、
こうした朝の景色を写真に撮ることが出来ません。
今朝、これらの木が桜の花びらを纏った姿を見ようと早起きをして出掛けて来ました。
秋から冬の景色から春の風景を切り撮る事で、
このシリーズを完結しようと思ったからです。
桜の写真としては力のない写真ばかりでしたが、
思いを込めて写真を撮ってきました。
その写真は何れ記事として公開する予定ですが、
何せ丁度四ヶ月前の写真を公開している現状ですから、
その記事は下手をすると初夏の頃になるかもしれません。










nice!(36)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

線描 [朝景]





公園02.JPG



十二月三日(土) 撮影


十二月の写真が足らないと思って探してみたら、
やはり写真が出てきました。
相変わらず仕事場目に広がる風景を撮った同じような写真ばかりで、
記事として更新する事に少し躊躇しましたが、
二度と目にすることの出来ない景色なので、
自己満足ではありますがきっちりと綴って行くことにします。










nice!(31)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

黒影 [朝景]




公園01.JPG
〔01〕












公園03.JPG
〔02〕












公園05.JPG
〔03〕












公園06.JPG
〔04〕












公園07.JPG
〔05〕












公園08.JPG
〔06〕












公園09.JPG
〔07〕












公園10.JPG
〔08〕












公園11.JPG
〔09〕












公園12.JPG
〔10〕












公園13.JPG
〔11〕












公園14.JPG
〔12〕












公園15.JPG
〔13〕












公園16.JPG
〔14〕



十二月十四日(水) 撮影



今年の春は、
桜開花を前に随分足踏みをしましたが、
それに合わすかのように私のブログ更新も足踏みをしてしまいました。

この半月ほど仕事に追われ、
ブログ記事を仕立てる時間がありませんでした。
現在、家庭の事情で勤務時間帯を朝の方に移行して仕事をしていますが、
早い日で三時台、遅くとも五時台に出勤していました。
先週末は最後の山場で、
二十時間、三十時間の連続勤務を強いられましたが、
昨日何とか山を越え、
今朝は久しぶりに自宅で朝食を食べてゆっくり出勤しました。

ここしばらくこのような状態でしたから、
もちろん写真など仕事以外の写真を除いて私的な写真は全く撮っていません。
幸い、三月前半まではたくさん写真を撮っていたので、
しばらくブログ記事には事欠きません。

今日の写真は以前下書きに並べておいただけの写真、
何かコメントを付して記事に仕立てようかと思いましたが、
四か月以上前に撮影した写真、
撮影した時の気持ちと記憶が少し希薄になってしまい、
記事を仕立てる気力を失いました。
少々乱暴ではありますが、
今日はこのまま記事を更新して、
記事を先に進めたいと思います。











nice!(29)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

線景 [朝景]





トラック04.JPG
〔01〕











トラック02.JPG
〔02〕












トラック05.JPG
〔03〕











トラック10.JPG
〔04〕












トラック06.JPG
〔05〕



十二月十四日(水) 撮影



少々仕事が忙しく、
ブログ記事を仕立てる時間がありません。
この写真を撮影した背景など書きたいことはあるのですが、
写真だけの更新とします。










nice!(43)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

冬色 [水景]





公園01.JPG
〔01〕


十二月のある土曜日、
仕事をしていましたが天気が良かったので、
午後のひととき仕事の手を休め散歩に出掛けました。
雪こそまだ降っていませんでしたが、
本格的な冬も間近、
晴れ間も見せる空とは裏腹に、
しっかりと空気は冷え込んでいました。












公園05.JPG
〔02〕


仕事場は公園の中、
散歩をする道はたくさんありますが、
堀辺の道を太陽に向かって歩き出しました。












公園04.JPG
〔03〕


空の青も、
枝の影も深く、
冬の印象も濃くなって行きます。












公園03.JPG
〔04〕


重なる枝の網に、
太陽が絡まっていました。














公園06.JPG
〔05〕


時折立ち止まっては、
空を見上げたり
水溜まりを覗き込んだり。
時には後戻りもする散歩です。












公園07.JPG
〔06〕


光を浴びて枯れ葉達の色が浮かび上がります。














公園09.JPG
〔07〕


空の太陽と水面の太陽、
水面の太陽は深い黒色に包まれていました。












公園10.JPG
〔08〕


水面に茂る物体と映り込む空の対比、
それぞれが冬の景色を作り出します。












公園11.JPG
〔09〕


黒色の表現力に引き込まれます。












公園17.JPG
〔10〕


この光の具合と色合い。













公園15.JPG
〔11〕


この冬色が好きです。












公園20.JPG
〔12〕


冬空の色具合が心に沁みます。












公園21.JPG
〔13〕


冬が一番好きな季節です。



十二月十日(土) 撮影



ちょっとした仕事が手詰まりしていた時期でした。
少し仕事も疎かになる土曜日の午後、
空模様と光の具合の誘惑に負けて、
写真を撮りに出掛けました。

散歩を楽しむつもりが、
途中から写真を撮ることに夢中になってしまい、
当初の散歩を楽しむ心は薄れていきました。
一人寡黙に冬の景色を撮りました。










nice!(40)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート