So-net無料ブログ作成
検索選択

空想 [窓景]







空03.jpg




 前記事とさほど変わり映えのしない写真ですが、
 こうした空景はとても好きです。

 九月も今日で終わります。
 今年も後三ヶ月、
 秋の深まりも急ぎ足、
 今年は秋を楽しむ間もなく冬を向かえてしまいそうな気配、
 どんなに仕事が忙しくても、
 季節の移ろいを見つめながら過ごしたいものです。
 


    *



 誕生日に救急外来へ再び足を運ぶこととなり、
 家族にも心配やら迷惑を掛けていまいました。

 結石予防にはプリン体を含むビールは控えなければならないとのこと、
 これで好きなビールも思うように飲むことが出来なくなりました。

 さすがに酒を飲む気になれず、
 誕生日から三晩、
 休肝日としました。

 






nice!(36)  コメント(11) 
共通テーマ:アート

空想 [窓景]






空04.jpg





 空の移ろいは、
 時として静かに音もなく、
 その表情を変えてゆく。

 緩やかに移ろう光を見つめる、
 溢れる光に空が包まれるまでの静寂に。



    *



 本日の午前中、
 またあの腹痛が襲ってきました。
 今日は日曜日、
 運悪く前回同様病院での診察は不可能です。
 出掛けた先で痛み出しまし、
 急遽自宅に戻り前回受診したときに貰った痛み止めを飲み、
 しばらく布団の中で休んでいましたが、
 午後になり耐えきれず再び救急外来へ行く。
 今日は前回行わなかった腹部エコーにて検査を実施。
 腹痛の原因は尿管結石と判明。
 
 しかし、今日は痛みを抑える座薬を打つ手当を受けるだけ、
 結石が自然に排出するのを待つらしいとの事、
 何せ今日の担当医は放射線科の医師で、
 泌尿器の専門医ではなく今後の治療方法は分からないとので、
 明日泌尿器科に受診するよう言われた。

 救急外来では全ての診療科医師が配属されておらず、
 大方は怪我のとりあえずの処置をしたり痛みを抑える範疇にあるのだと分かった。
 それでも仕方がない、
 一時的にでも痛みを押さえてもらうだけでどれほど助かることか、
 二度の救急外来での診察で痛切に感じた。
 それでも、
 二十四時間いつでも駆け込む病院があり、
 そこに医師や看護師がいる、
 患者の症状に最良の診断と手当が受ける事が出来ない場合もあるが、
 それでもこうした医療体制が身の回りに備わっていて、
 自分はまだ恵まれた環境下にある事に気付き、
 大きな安心感も得ることができた。

 前回は痛み止めの注射で痛みが引き、
 原因が分からずその後も不安であったが、
 今日はその原因が分かっただけでも随分気持ちが和らいだ。
 泌尿器科での診察用に今日いくつかの検査を済ませたので、
 明日は泌尿器科を受診します。



    *
 


 皆様方にもご心配をお掛けいたし申し訳ありません。
 前回受診の後、
 皆様のご忠告通りすぐに精密検査を受ければ良かったのですが、
 その後ほとんど腹痛もなく仕事をこなしていたので、
 仕事の忙しさを理由に精密検査を先延ばしにしていました。
 原因が判明した以上早めに手当をしたいと思います。



    *



 一週間に一度の休日、
 せっかくの日曜日がこんな出来事で幕を閉じようとしています。
 齢による衰え痛く感じ入る誕生日でした。
 







nice!(33)  コメント(18) 
共通テーマ:アート

空想 [窓景]





空05.jpg





 古い写真を引き出すために新たな題名を付けました。
 この後数回、
 同じ日の夕方に撮った写真を記事にする予定です。
 なお撮影日は今年の七月十四日の夕暮れ、
 いつもの裏窓から撮りました。










nice!(40)  コメント(13) 
共通テーマ:アート

断片* [雑景]





 今日の写真も前記事と同じ日に撮影した写真。
 筒石に出掛けて自宅最寄りの駅に着き、
 自転車を置いた駐輪場にての撮影。
 この日は家人に行き先を告げずに出掛けたので、
 まだ夕陽が西の空に浮かび、
 長い影を落としていた頃に帰ってきました。




自転車01-2.jpg
〔01〕NikonF3 Zeiss2.8/25 Film:不明







自転車02-2.jpg
〔02〕NikonF3 Zeiss2.8/25 Film:不明




 恥ずかしながら二枚の写真を記事にしました。
 どちらか一枚に絞り込む思考が不足しています。
 
 いよいよ記事にする写真が底を着きました。
 もっと古い写真を記事にするかもしれません。
 相変わらず仕事は忙しく、
 九月も休日は日曜日だけ。
 十月は更に仕事が立て込み、
 帰宅時間が更に遅くなる見込みです。
 皆様のブログへの訪問は疎らになる事をお許し下さい。
 少し間隔は開くと思いますが、
 ブログは続ける予定です。










nice!(44)  コメント(16) 
共通テーマ:アート

断片* [旅景]




 この夏の断片だけでは記事を繋ぐことが出来なくなったので、
 今年春の写真を引っ張り出してきました。
 本当に久し振りのフィルム写真、
 この日の撮影以降フィルムカメラで写真を撮っていません。
 このままでは銀塩カメラが錆び付いてしまいそう。
 それでも一度手元に置いたカメラを手放す事が出来ない性格、
 道具として本来の目的と機能を停止している訳ですが、
 写真を撮る機能を失わない内は手元に置いて
 いつかまた写真を撮ってやろうと思っています。




筒石01-2.jpg
NikonF3 Zeiss2.8/25 Film:不明



 さて、最近ブログ上では愚痴が多かったと反省しています。
 自分の言葉を紡ぐとつい愚痴になってしまうので、
 今日は人様の言葉を引用させて頂きます。
  



     この頃は友達に  手紙ばかりを書いている
     ありふれた想い出と   言葉ばかりを並べている

     夢見がちな
     子供たちに
     笑われても
 

     時々はデパートで  孤独な人のふりをして
     満ち足りた人々の  思い上がりを眺めている

     昼下がりは
     美術館で
     考えたり


     誰よりも幸せな人
     訳もなく悲しみの人
     長い坂の絵のフレーム


     生まれつき僕たちは 悩み上手に出来ている
     暗闇で映画まで  涙ながらに眺めてる

     たそがれたら
     街灯りに
     溶け込んだり

     これからも働いて  遊びながらも生きていく
     様々な気がかりが  途切れもなくついてくる

     振り向いたら
     嫌われたり
     愛されたり

     誰よりも幸せな人
     訳もなく悲しみの人
     長い坂の絵のフレーム


         「長い坂の絵のフレーム」
         作詞:井上陽水




 近頃この曲を聴く事が度々ありました。
 何故かこの詩、
 詩の断片、
 所々の言葉が私の心に染み入ります。
 そしてその言葉が曲想と解け合い、
 その情景に私を引き込んでくれます。
 この詩が今の心境と重なるのか、
 いつまでもいつまでも心の奥底に響き渡ります。
 











nice!(43)  コメント(8) 
共通テーマ:アート

断片 [旅景]




 この夏の僅かな私的時間の一齣、
 これも記憶の断片。




トマト01.jpg





 冷たい水が湧き出る農園、
 店の脇にある水鉢に浸るトマトと胡瓜、
 涼感豊かな光景は正に夏の光景。
 残念ながら今年はこんな光景との出会いも僅かだった。
 高原自慢の美味しいとうもろこしも、
 今年は一度しか食する事が出来なかった。


 九月も後半、
 日中の気温も随分下がり、
 吹き渡る風もやわらかになった。
 青空は澄み、
 その色も秋色へと変わった。
 朝晩の驚くような涼しさを肌で感じる今日この頃、
 暑く辛く不快な夏の思い出も、
 こうした写真を見ると何故か懐かしく思えてくる。
 





nice!(52)  コメント(17) 
共通テーマ:アート

断片 [酔景]





 記憶の断片シリーズ、
 まだ続きます。
 もうしばらく撮り貯めた写真で記事を繋いでいきます。
 




車02.jpg




 夜に浮かび上がる形、
 酔って見えてくる事もある。




    *



 八月初旬の飲み会、
 二次会会場への移動途中に撮影。

 久し振りにモノクロームモードの写真でした。
 現在も多忙中ですが、
 実はまだ仕事の頂点に達していません。

 そんな状況下、
 写真の色は失っても、
 心の色まで失わないよう、
 写真の感性が錆びないようにしたいものです。








nice!(60)  コメント(13) 
共通テーマ:アート

断片 [寺景]







蔓01.jpg



 
 七月の下旬、
 僅かな時間の寺院散策、
 ちょうど暑さの頂点を向かえる頃、
 この夏は仕事以外の記憶が無いが、
 この写真は貴重な記憶の一つの断片。
 


    *
 


 昨日午後から体調悪く、
 夕食後腹部の痛みにどうにも我慢できず、
 翌朝まで耐える自信がなかったので、
 総合病院の救急外来に行く。
 
 レントゲン撮影、血液検査を受けたが、
 全く異常はなく、
 痛みの原因は分からないとのこと。

 痛み止めの注射を打ち、
 診察台の上で転げながら痛みと戦ったが、
 一時間ほどで嘘のように痛みが消えた。

 念のため注射と同じ痛み止めの飲み薬を手渡され、
 もし、また痛みがでたら服用するように言われたが、
 一夜明けても痛みは再発せず、
 昨夜救急外来で診察を受けてきたとは思えないほど、
 今日も普段通りに仕事をしてきました。

 ちょうど昨日の今頃は、
 救急外来の診察台の上で痛みに耐えていた頃、
 「痛みが出なければ敢えて診察を受けなくても良い」と言われたが、
 原因不明では素直に喜ぶことが出来ないどころか、
 余計に心配となってしまう。
 一度精密検査を受けたほうが良いのだろうか。



 体に様々なガタが出ても不思議ではない年齢、
 体の不安を抱える事となったが、
 お陰で今日は弱気な一日を向かえるかとも思ったが、
 今日も仕事場は大忙し、
 弱い気分に浸るほどの暇と余裕は無かった。
 まだまだ色んな意味で仕事での過酷な状況は続くが、
 自分の見失うことなく、
 体と相談しながら今の仕事を乗り切ろう。


 







nice!(54)  コメント(17) 
共通テーマ:アート

断片 [旅景]






赤い花01.jpg





 今日も他愛のない文章を全て削ぎ落とし記事とします。
 書きたいことは山ほどありますが、
 上手くまとめる事が出来ません。
 

 まとまらない文章は「下書き」の記事に保存してあります。
 この先機会があったらまとめて記事にしたいと思います。









nice!(50)  コメント(8) 
共通テーマ:アート

断片 [旅景]





 鬱積した仕事、
 お陰で土曜日の夜はいつも深酒、
 けれども酒は弱いので自宅で飲む酒の涼は思ったほど深くはなく、
 飲んだ後はすぐに床に伏せ、
 明日の鋭気を養うのが日課。
 一夜明ければしっかりと仕事へ出掛けるのが
 我が性格。


 土曜日の夜、
 この時間にブログ記事を綴る事は最近では希で、
 明日の日曜日は完全休養にするつもりなので、
 今夜は少し夜更かしをしようかと思います。


 明日一日を家の仕事一切を投げ出し、
 「完全休養」の思いが叶えることが出来るなら、
 久し振りに皆様のブログに訪問し、
 この「断片」シリーズの記事を書きたいと思います。





赤い木.jpg





 皆様の暖かな、
 心こもったお言葉に勇気づけられ、
 ブログを続ける気持ちが湧いてまいりました。
 暖かな気持ち、
 何よりも有り難く、
 心に染み入ります。



 訪れていただく皆様には、
 心より「ありがとう」と申し上げます。



    *



 今日の写真も前記事からの続き、
 同じ日に撮りました。
 昼酒の酔いが快く我が体を巡っています。
 「断片」シリーズは昼日中の我が「酔写」の記憶であります。



    *



 ここ三週間ほど全く写真を撮っていません。
 写真を撮る時間的な余裕がありませんが、
 目にする写真的光景を楽しむ事は忘れてはいません。
 写真を撮る事が出来ない状況に対し、
 焦りが全くないことが良いのかどうか。


 写真はまたいつか撮ることが出来ると信じています。



    *



 それにしても今日の写真の意味合いは如何に。


 






nice!(46)  コメント(20) 
共通テーマ:アート