So-net無料ブログ作成
検索選択

春海 [海景]





繰り返し押し寄せる波、
眺めていると切りがありません。
同じようでいて、
一つも同じ波はなく、
決して同じ波が再び姿を現すことはありません。
光の変化も伴って、
色の具合も変わって行きます。
そのような波を、
気に入ったように撮りたいと、
たくさんの写真を撮りました。

前記事の予告通り、
本記事では海原の写真を羅列します。




A 直江津 10.JPG
〔01〕












A 直江津 13.JPG
〔02〕












A 直江津 15.JPG
〔03〕












A 直江津 16.JPG
〔04〕












A 直江津 18.JPG
〔05〕












A 直江津 22.JPG
〔06〕












A 直江津 23.JPG
〔07〕












A 直江津 29.JPG
〔08〕












A 直江津 30.JPG
〔09〕












A 直江津 31.JPG
〔10〕












A 直江津 33.JPG
〔11〕












A 直江津 35.JPG
〔12〕












A 直江津 36.JPG
〔13〕












A 直江津 47.JPG
〔14〕












A 直江津 49.JPG
〔15〕












A 直江津 50.JPG
〔16〕












A 直江津 55.JPG
〔17〕












A 直江津 67.JPG
〔18〕












A 直江津 70.JPG
〔19〕












A 直江津 72.JPG
〔20〕



一月二日(火) 撮影



気持ちよく撮影しました。
冬の風も冷たく感じませんでした。
この日はカメラ操作の煩わしさを感じ、
手動で焦点を合わせました。
けれども、
自宅に帰って写真を見てみると、
多くの写真が焦点を外した写真で、
その出来の悪さに意気消沈。
撮影している時の高揚した気持ちとは天と地の違い。
撮影した写真への熱も一気に褪めました。

加齢と共に、
身体の様々な機能が低下していますが、
視力の老化と低下は、
撮影時の最大の悩みであります。

と言うことで、
本日の写真の多くが、
焦点が思った所に合っていなかったり、
焦点の甘い写真がありますが、
この場面での想いの記録として、
ブログ記事にしておきます。









nice!(31)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 31

コメント 7

SILENT

ピンぼけ、手ブレ、構図、甘い撮影が数十年も前から自分の撮る写真と最近気づき愕然としています。カメラが自動的に焦点を合わす時代なんて昔は想像もしていませんでした。マニュアルの世界は人間的でいいですね。スマホもフルサイズのデジカメも境界線が最近わからなくなって感じた世界楽しんでます。
by SILENT (2017-01-29 05:17) 

JUNKO

美しいさざ波。夕方の浜辺は美しいですね。
by JUNKO (2017-01-29 14:14) 

月夜のうずのしゅげ

暗い中、重そうな波の塊が押し寄せてくる動きを感じて
恐怖を感じますが
やわらかい繊細な絹のような波の広がりもあって
色々な波があるんだなと思いました。

by 月夜のうずのしゅげ (2017-01-29 20:34) 

馬爺

荒波の海を見ていると日本海の海だと分りますね、そうですね年齢とともに視力が低下して焦点を合わせるのが辛くなって来ておりますがでもAFではなくMFの良さが身に染みている老人です。
by 馬爺 (2017-01-30 14:22) 

kohtyan

どの写真も重厚感があっていいですね。
夕陽の輝く荒波は、迫力あります。
加齢による視力の低下は、いかんともしがたく、最近は、AFに
頼っています。

by kohtyan (2017-01-31 11:25) 

lamer

浜辺に打ち寄せる波。
ザバッっと厚みを感じさせる音が聞こえるようです。
ひたひたと音もなく打ち寄せる波とは違います。
by lamer (2017-02-01 16:11) 

engrid

そう言われますが
私には、一枚の写真から、閉じこめられた波でなく
動いてる、打ち寄せる波を感じています。
波の音も想像します、、静かではない、、動きを伴う音です
by engrid (2017-02-02 00:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。